不登校で高校に通えない人が立ち直るための方法

  • 不登校で高校に通えない人が立ち直るための方法

    • 高校に入ってすぐ、友人作りに失敗した。


      病気で数日学校を休んで、次の日行くのが怖くなった。


      高校で不登校になった方には、いくつかの事情があります。休み始めて最初の数日間は気が楽になるものの、1週間、2週間が経つと心に不安が溜まっていくでしょう。

      不登校から抜け出すためには折れないメンタルを作ること、ありのままの感情を受け入れることがポイントです。
      折れないメンタルを作るためには、ストレスへの認識を変えること。

      最近気になった高校で不登校情報に対応した情報サイトです。

      ストレスを悪だと考えることは間違っています。
      ストレスを感じた時、つらいと思ってはいけません。

      ストレスが成長のために役立つと考える方がメンタルを安定させます。

      海外で行われたストレスの研究では、ストレスが役に立つと考えていた人の方が、そうでない人よりもストレスを感じにくいという結果が出ました。

      ありのままの感情を受け入れることは、自分に思いやりを持つことに繋がります。

      高校に行きたくないという不安をありのままに感じてみましょう。


      しばらくすると、心の中にあった不安が無くなっていることに気づきます。



      浮かんでくる感情を観察することで、嫌な感情の存在を認めて許せるようになります。不登校になってから、再び高校へ行くのは勇気がいることです。不登校は一歩前へ進むために、乗り越えなければならない課題でもあります。
      折れないメンタルをつくり、ありのままの感情を受け入れることは、不登校を解消する助けとなるでしょう。



top