フローリングの補修方法について

フローリングは、表面仕上や使用されている芯材など、それぞれのメーカーが様々な名称で商品化しており、現在多くの製品が販売されています。

フローリングは、基本的には複合板と単板に分けることができ、一般的には反りなどのトラブルが少ないことや、メンテナンスがしやすいことから複合板が多く利用されています。

複合板でも表面の単板が紙のように非常に薄いタイプから厚張りタイプまであり、補修が難しいもの、ある程度は対処できるものまで様々です。



単板の場合にはフローリング自体が木材でできており、種類としては細かな木材を張り合わせた集成材や、1枚の板のみがあり、1枚の場合には古民家で使用されているかなりの厚みのあるものまであります。フローリングの補修は、軽度であればDIYでも行うことができます。現在では便利な補修キットが販売されており、傷部分に擦り付けるようにして行うことで傷跡を分からなくすることができます。

東京の浴室のリフォームの情報ならこちらにお任せ下さい。

フローリングの傷で問題となるのは、傷が大きな場合や深い場合があります。

まず、この場合、複合板、単板に関わらずDIYでは対処が難しくなります。

特に、薄いシートの複合板の場合には、完全に行うには部分交換しか対処方法は無くなります。

エキサイトニュース情報を網羅した総合サイトです。

厚張りや単板では表面を削ることで補修を行うことは可能になりますが、技術が必要になり、削りすぎてしまうと厚張りが欠損してしまったり、表面に凹凸ができる原因にもなります。


そのために、補修は専門業者か、メーカーのメンテナンス部門に依頼をする必要があります。

top