不登校で高校に通えない人が立ち直るための方法

  • 高校生が不登校になってしまったら?

    • 高校生といえば、学校生活や部活を楽しむ一方で大学受験の勉強もする必要があります。子供が不登校になると、保護者は大事な時期だけに焦ってしまいます。急かしたり叱責することは逆効果で、人との接点を断ってしまう危険性も。

      様子がおかしいと思ったら、理由を明らかにすることが最優先です。

      心身に不調がある可能性も考えられるので、まさかうちの子供がと考えずに早めの対応を心がけて下さい。
      心配して訪ねてくる友達がいれば話を聞いたり、担任に学校での様子がどうだったのかを聞いてみることも必要です。
      ポイントは1人の話を鵜呑みにせず、できるだけ複数から話を聞いて子供自身にも確認することです。

      高校で不登校の情報はここで調べよう。

      家庭内に問題があるわけでもないのに明らかに様子が変わったときは、医師や専門家に相談することも考えて下さい。
      焦る気持ちは分かりますが、不登校になってしまった子供へのサポート体制は年々整備されています。



      高校へ通うことが難しくても、通信制の高校で単位を取ることが可能です。

      ゆっくり療養する必要があったとしても、元気になってから高等学校卒業程度認定試験を受けて合格すれば大学受験をする資格が得られます。大学に入る年齢が決められているわけではなく、事情があって行かれなかった人が大人になってから入学することもあります。

      不登校になっても焦ることなく子供の気持ちに寄り添い、安心できる環境を作りましょう。



      急かしたり強要したりすると逆効果になるため、ゆっくりと元の状態に戻していくことが大切です。


top